タロットカード占い

タロットカードを使った占いは昔から利用されており、占いと聞くと多くの人がタロットカードや水晶玉を創造することが多いです。タロットカードには大アルカナと呼ばれる22枚のカードを使った方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードを合わせた78枚のカードを使った方法の二種類が存在します。カード一枚一枚にはそれぞれ違った絵柄が描かれており、それぞれの絵柄によって違った意味を持っています。例えば運命の輪が書かれたカードは正位置ではチャンスや一時的な幸運という意味が含まれており、逆位置だと誤算や不運といった意味を持っています。正位置とは上下の向きが正しい状態を意味し、逆位置とは上下がさかさまになっている状態のことです。このようにタロットカードは同じカードでも正位置と逆位置では全く違った意味を持つようになっています。今では渋谷などの鑑定師の方もよく利用しており、全国的に最も普及している鑑定方法です。

渋谷などで人気の占星術を使った占いは歴史的にとても古く、古代バビロニアが発祥とされています。ギリシアやヨーロッパなどで利用されてきた西洋占星術やインドやアラブなどの地域で利用されていたインド占星術など占星術には地域によってそれぞれ違ったものが存在しています。太陽や月などといった惑星や小惑星の位置や動きを人間や社会に置き換え、それを利用して鑑定を行う方法です。昔から利用されてきた占いのために知名度が高く、鑑定を行う人の中には占星術を使って占いをおこなう人も多いです。また占星術には中国などの東アジアで発展した東洋占星術も存在しており、渋谷や大阪などを中心に全国各地でさまざまな占星術がおこなわれています。占星術で鑑定を受けたい場合は専門の鑑定師を尋ねるか、占星術を扱う店舗を探して利用するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加